劇団四季ミュージカル『リトル・マーメイド』感想・レポ・レビュー

感想・レビュー

劇団四季の「リトル・マーメイド」を観てきました!

ディズニーのミュージカルを次々に上演している劇団四季の「リトル・マーメイド」を観てきました。
海の中の様子や、人魚たちをどのように表現するか気になっていたのですが、とても良かったのでレビューをまとめました。



「リトル・マーメイド」の感想

谷原詩音さんのアリエル、最高でした

とにかく、谷原詩音さんのアリエルが最高だった、の一言です。
歌も演技も最高でした。

アリエルの「パート・オブ・ユア・ワールド」はディズニーの人気曲で常にベスト10に入るぐらいに女子が皆憧れる曲で、しかも比較的歌いやすいため十八番にしている人も多いはずなんです。ということは、それだけ厳しい耳が向けられるということ。
そういう私も「パート・オブ・ユア・ワールド」は沢山の人の歌を聴いてきたので、他の曲と比べるとシビアに聴いてしまうかも、と思っていました。

ところがそんな懸念は見事に吹っ飛ばしてくれた谷原さん。
完全にアリエルでした。人間に憧れ、陸に行きたいと夢見るアリエルの可愛らしく純粋な乙女心がビシビシ伝わってきて、一瞬で心を掴まれてしまいました。

もうそれからは谷原さん、アリエルにしか見えません。
アースラに声を奪われてしまってからは、声が出せなくなりますが(心の声は出せるんですけどね・・・)仕草だけでも十分すぎるほどアリエルでした。

アースラは映画のイメージと違い我儘な末っ子キャラ

対してアースラは、映画の太っちょオバハンというよりも、我儘大爆発の駄々っ子末っ子キャラなイメージのキャストさんでした。
多分スレンダーだったのと、声が少し高め、明るめだったからだと思います。

ディズニーアニメの強烈な森公美子さんのアースラとは全く異なる印象でした。

でも、これはこれでアリかな。
なんだかちょっと可愛げがあるというか、憎めないというか、このくらい清々しく「嫌なやつ」だと逆に気持ちが良いです。ミュージカルだけのオリジナル曲も新鮮な気分で聴く事ができました。


無いだろうと思っていたタップも見られて幸せ

ミュージカルで楽しみにしているのがタップダンスなのですが、流石に「リトル・マーメイド」に関してはタップシーンなんて無いだろうと思っていたら、ありました!
意外なところで楽しいタップが見られて幸せでした。

どんなシーンで観られるかは、まだ上演中なのでお楽しみ、という事にしておきましょう。

「リトル・マーメイド」で最初から最後まで涙腺崩壊

楽しいタップシーンもあり、アースラはそんなに憎めないキャラクターで、コミカルなシーンが多かったように思えて、私は最初から最後まで涙腺が崩壊しておりました。

まず「パート・オブ・ユア・ワールド」の時点で、既に感動して号泣。
そして、その後もアリエルが登場するたびに号泣。

歌っていなくても、仕草だけで王子に自分の事を伝えようとしている彼女の姿、そして、おずおずとぎこちなくダンスを踊ってみせる彼女の姿、もう健気すぎて、泣けてきてしまいました。

アリエル、なんて良い子なんだろう、と心から母親のような気持になって舞台を見つめておりました。
だから別にお涙頂戴シーンでなくても止まらない涙だったのです。

ストーリーも全部知っているのに、最初から最後まで号泣して、客席が明るくなった時は流石にちょっと恥ずかしかったですが、なんだかとても「良い涙」を流したような気分になりました。

ステキな音楽と、演出、そして何よりも谷原さんの素晴らしすぎるアリエルを観る事ができて本当に幸せでした。


公演データ

〔上演劇場〕
積水ハウスミュージカルシアター四季劇場[夏]

〔上演期間〕
2018年10月現在札幌にて上演中

〔キャスト〕
アリエル…谷原詩音

ペンネーム:emiglia
好きな舞台のジャンル:ミュージカル
ひとこと:劇団四季や宝塚が大好きです。舞台だからこそ感じられるキャストさんの息遣いが観劇の魅力です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました