ミュージカル『モーツァルト!』感想・レポ・レビュー

感想・レビュー

ミュージカル『モーツァルト!』を観劇

 リニューアルして初めての御園座でしたが、とても赤かったです。モーツァルト!にぴったりでした。
 ステージ中央には大きなピアノ状のもの。
 オーケストラピット前にも銀橋のように張り出した部分があり、そこに来るとキャストが近く見えます。前方の列だったのですが、すごい迫力でした。いい劇場ができたので、今後も名古屋公演に期待です。

 これまでもモーツァルト!を見たことはありますが、今回は演出を含め色々と変わっていました。特にコロレド大司教との確執部分が前より強めに出ていた気がします。まさかヴォルフガングとコロレド大司教の新曲が聞けるとは思わなかったので驚きです。夫人の出番というか見せ場も増えていたように思いました。全体的に華やかさが増し、時系列もすっきりしたように感じました。



ミュージカル『モーツァルト!』キャスト古川雄大×平野綾×涼風真世

 さて今回初めてヴォルフガングを演じる古川雄大さん。今や若手舞台俳優の登竜門ともいえるテニミュから確実に実力をつけてついにここまできたのかと感動しました。正直、テニミュ時代は想像もしていませんでした。
 古川さんは不安定な人物がとてもうまいと思っていましたが、今回のヴォルフガングで特にそう思いました。とてもやんちゃで、表情がよく変わります。そこに天才っぽさがにじみでていました。父親役の市村さんとどこか似ていて、親子感もありました。顔が似ているわけではないのですが、表情が似ているのかな? と思ったりも。
 古川さんが演じるとやんちゃでもどこか不健全な空気をまといます。笑っていても悲劇が似合う。その個性を大事に更なる進化をしていってほしいです。堂々とした主役でした。

 コンスタンツェ役の平野綾さんをミュージカルで見るのは初めてですが、こんなに上手だったのかとびっくりしました。特に歌っている時の表情がすごくいいです。言葉のひとつひとつが聞きとりやすいのもうれしい。特に怒っていても感情任せではなくてちゃんと何を言っているのかわかるのが素晴らしかったです。どの感情も瑞々しくて、魅力的な悪妻でした。
 「愛していれば分かり合える」という夫婦で歌う曲で、ヴォルフガングをあんたと呼ぶのがとても似合っていました。せりふも歌詞もきちんと自分のものにしているからこその魅力でしょうか。また次も見たいと思いました。

 今回、お目当てはヴァルトシュテッテン男爵夫人役の涼風真世さんでした。豪華なドレスですがまったく違和感もなくて美しい。舞台でとても輝いていました。
 歌声も素晴らしかったです。「星から降る金」では、歌とその手や体の動かし方、視線で、その瞬間の舞台で何が起きているのかを教えてくれます。これぞミュージカルと感動しました。ただ歌うだけじゃコンサートです、歌で演技してこそのミュージカルと再認識。

 ナンネール役の和音さんはとてもきれいな歌声です。透明感があって華もある。だけどどこか寂しい。この薄幸な空気が、古川さんのヴォルフガングの姉としてよかったです。

 ヴォルフガングの父、レオポルト役の市村さん。その場にいるだけで存在感がありますね。ミュージカル界のレジェンドを見られただけで幸せです。背中だけでも感情が伝わってきて、何度も泣きそうになりました。

 山口さんのラスボス感にも圧倒されます。山口さんにマントなんてもうそれだけでラスボスです。すごく近くで歌われたのですが、身動きができないくらい圧倒されました。古川くんと対峙しながら歌う新曲「破滅への道」のすばらしさといったらありません。

 市村さんと山口さんといった日本ミュージカル界のレジェンドスターががっちりと脇を固めるこの作品。新演出のおかげでまた違う魅力が出てきました。きっとまたあるであろう再演が早くも楽しみです。

公演データ

【公演期間】
東京  2018年5月26日(土)~2018年6月28日(木)
大阪  2018年7月5日(木)~2018年7月18日(水)
名古屋  2018年8月1日(水)~2018年8月19日(日)
【劇場】
東京 帝国劇場
大阪 梅田芸術劇場 メインホール
名古屋 御園座

【キャスト】
ヴォルフガング・モーツァルト 山崎育三郎/古川雄大(Wキャスト)
コンスタンツェ 平野 綾/生田絵梨花/木下晴香(トリプルキャスト)
ナンネール 和音美桜
ヴァルトシュテッテン男爵夫人 涼風真世/香寿たつき(Wキャスト)

コロレド大司教 山口祐一郎
レオポルト 市村正親

ペンネーム:柑橘
好きな舞台のジャンル:ミュージカル・2.5次元から小劇団・古典芸能まで
ひとこと:舞台大好きです。最近は2.5次元によく足を運びます。みんなを応援する気持ちで観劇しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました