演劇を10倍楽しむ方法!『同じ舞台を何度も観劇』する理由・・・

演劇を10倍楽しむ方法

【6】何度も観劇する



舞台は生モノ

わたくしは、公演期間中、同じ舞台を何度も観ることがございます。と、申し上げると、びっくりなさいますか?それはもう、そういうお仕事だからでしょ?と思わるれかもしれませんが、さにあらず。時間とお財布がゆるす限り、自分でチケットを購入し足を運ぶのでございます。

なぜかと申せば、やはり舞台は生モノだからでございます!あ、いえ、これは支配人ネロの受け売りなのですけれどね。
もっとも、わたくしの存じ上げるかぎり、同じ舞台を何度もご覧になるお客様は、少なくない数でいらっしゃいます。

演劇に限りませんが、すべての舞台はひとしく、その日その瞬間にただ一度きり、お客様の目の前で上演されるものでございます。
人間のすることですから、公演期間の日々、微妙に、あるいは大きく、印象を変えることもございましょう。
“奇跡”もその反対のことも起きますけれども、良い舞台に必要なのは、じつは、良いお客さまなのです。観客とは、受け身でただ居るだけの存在ではございません。
劇場を支配する「空気」そのもので、舞台の作り手たちに、目を合わさずとも感じ取られている存在です。
舞台上の方たちと観客の呼吸が、まさに一体になるような瞬間というのは、その場に参加しているものにしか知り得ない、贅沢な体験でございます。せっかくですから、そんな舞台をご覧になりたくはないですか?

公演期間でどう違う?

公演初日というのは、舞台も観客もかなり緊張感がある、というのは想像に難くございません。
ちなみに、三谷幸喜氏がエッセイにも書いていらっしゃるのは、「常連さんは初日に来ていただきたい。…お客さんの反応でどんどん変えていき、公演最終日まで手を加えます」と。
…こ、これは、何度も観に行かずにはいられなくなるおっしゃりよう。
もちろんこの場合、役者さんに当て書きなさるオリジナル脚本の舞台ならではですね。
ちなみに、コント以外のジャンルで、台本にないアドリブというのは、演劇やミュージカルにおいてはあまり指定がございませんが、エンターテインメントの隠し味の一つです。役者さんのコンディション次第では、何度も観る方は運良く遭遇できることもございますね。

一方、千秋楽に近づくほどに、どんな舞台もこなれてまいります。
お客様と呼吸も合ってきて、笑うシーンでは大いに笑わせ、最後はダブルアンコールにスタンディングオベーションが沸き起こる…といった場面もございます。
というわけで、公演期間の前後でやはり、劇場全体の雰囲気に変化がございます。
お好きな演目が公演されることになりましたなら、どうぞそのあたりもお見逃しなく。

配役が替わるなら…

宝塚歌劇団やミュージカルなどで、回数が多く上演されるロングラン舞台には、役替わり、あるいはダブル、トリプルの複数キャストを採用することが多くございます。
こ、これは、ズルい。いずれかの配役を選ぶに留まらず、どれも観たくなってしまうという、抗いがたい誘惑に満ちたシステムでございます。
同じ役として事実上比較されるわけですから、それぞれの演者さんに力が入るのも必然ですし、衣裳・メイク・照明、演者さんに合わせてすべてが別々にしつらえられます。
これは同一舞台とは言え、何度も観劇せざるを得ないですね。もちろん、時間とお財布に、よくよくご相談のうえで、でございますが。

…と、ここまで、何度も観劇することのたのしさをご案内してまいりましたが、もちろん、一回ご覧になれば、本来は十分なのでございます。そのただ一度の出会いのために、舞台も劇場も、お客様をお待ちしているのですから。もしも、心からお気に入りの舞台・劇団に巡り会えましたら、そこはもう遠慮無く、ええ、何度でも足をお運び下さいませ。


初めての舞台観劇でも安心!演劇を10倍楽しむ方法!

  1. 初めての舞台観劇でも安心!演劇を10倍楽しむ方法!
  2. 演劇を10倍楽しむ方法!公演開催をいち早く察知する方法!
  3. 演劇を10倍楽しむ方法!良い席で観劇する方法!
  4. 演劇を10倍楽しむ方法!『劇場』という空間をたのしもう!!!
  5. 演劇を10倍楽しむ方法!舞台『チケット』の入手方法!
  6. 演劇を10倍楽しむ方法!仲間と観劇することで楽しさが増える理由!
  7. 演劇を10倍楽しむ方法!同じ舞台を何度も観劇する理由・・・
  8. 演劇を10倍楽しむ方法!知っておきたい観劇のマナー!
  9. 演劇を10倍楽しむ方法!観劇の際に持っていたら便利なものとは・・・?
  10. 演劇を10倍楽しむ方法!舞台鑑賞当日に劇場で『貰えるもの・買えるもの』は・・・?
  11. 演劇を10倍楽しむ方法!舞台鑑賞後に『アンケート・感想』を書く理由・・・!

コメント

タイトルとURLをコピーしました